Return to site

【第1回】FUTURE KiLLA ってどんなパーティー?

名古屋公演のゲスト3組の紹介&FUTURE KiLLAというパーティーについて

こんばんは。

今回のLil Texas&C.Z.のジャパンツアー名古屋公演(名古屋/新栄/Club MAGO)となるFUTURE KiLLAというパーティーのオーガナイザーのUt-TiEです。

第一回目のブログということで、ここでは今回目玉となる海外ゲスト2組、国内ゲスト1組の紹介と、FUTURE KiLLAをやるにあたっての思い入れなんかを紹介出来ればと思います。

Lil Texas(リル・テキサス)

▶2012年からテキサス州ダラスを拠点に、ロサンゼルスで活躍しているDJ/プロデューサー。

▶M|O|Dクルー(Arnold/Rewrote/Yung Satan/C.Z.)メンバー。

▶Flosstradamus、DJ Snake、Star Slinger、A-Trak等のツアーDJを経験。

▶Mad Decent、Fool's Gold、Donky Pitch、Luckyme、Main Course、Trouble&Bass等様々なレーベルからリリース。

▶KAYZO、Star Slinger、Duck Sauce、Luch Millions、813、Doctor Jeep等のリミックスを手がける。

▶813、Slugabed、VesperTownなどが所属する叙情的ニューウェイブ&ダブステップ・トラップ&インディロックな新感覚ビートミュージックレーベルDonky Pitchのメンバー。

こちらはヤングさんによる和訳インタビュー(4年前)です!

彼のフレンドリーでストイックな人柄が垣間見えるので是非チェックしてみてください。

http://yesyesyoung.blogspot.jp/2013/08/lil-texas.html?spref=tw

最近ではSkrillexが運営するメディアNEST HQにてインタビューとMIXを発表しました!ブチ上げてます。

また、4年前のボイラールームのプレイ動画を見るとまた違った一面が見れます。

Jersey Club,B-more,Vogue,Industrial,Trap,HipHop,Grime,Electroと縦横無尽で抜群のグルーヴ感。

最高にカッコいいので是非見てみてくださいこれ。

DJうま男&非常にグルーヴィーな楽曲を作ってる印象から、現場がほんっとにヤバそうなので楽しみで仕方ないです。西海岸テイストでもちょっと尖った感じの、激しくも幻想的な音が好きな方はオススメです。

ブレイクスやジャージークラブ、フューチャービーツな感じが好きな人はドンズバじゃないかと。

また、2月22日にTREKKIE TRAXからEPをリリースし、なんとビルボードのプレミア(独占)公開になりました!!

日本のインディーレーベルとして初の快挙で、今まさに世界中の注目を集めています。

MIXとは対照的なエモい楽曲揃いでたまりません。個人的にMy Mindはアンセムです。

【楽曲紹介】

C.Z.(シーズィー)

▶2013年のBoiler Room出演以降、めきめきと頭角を現すボストンのDJ/プロデューサー。

▶M|O|Dクルー(Arnold/Rewrote/Yung Satan/C.Z.)メンバー。

▶Mad Decent、Fool's Gold、LuckyMe、NLV Records、WeDidItなど世界中のトップレーベルからリリースを重ねる。

▶Baauer、Nina Las Vegasとのコラボ、Lizのプロデュース等を果たしている。

▶今年フジロックに出演するビョークのMIXリストにC.Z.の楽曲が使用されている。

▶2/1にアトランタの新鋭ラッパーRome FortuneのリミックスをFool's Goldからリリース。

情報がなかなか無いのですが、実績や曲を聞く限り只者ではない印象。ポップなシンセ音と民族調、インダストリアルで無機質な不協和音、グロいベースラインが特徴的で、どこかレイヴの匂いを感じます。

僕のスカスカなボキャブラでは説明がむずかしいのですが、こういうタイプは現場が絶対にヤバいと思います。

リリース先やコラボのレベルが半端じゃないので今後有名になる可能性は高いのでは?

こちらは2013年にBoiler Roomに出演した際のプレイ音源。(動画が著作権やらで音源抜かれてたのでこちらを紹介)

UK Funky、Garage、Cicago House、B-more、Jersey Club、Beat Music等をとてもグルーヴィーに繋いでいて、こちらも現場がほんっとにヤバそうです。

MAGOでこの感じはめちゃめちゃ映えるはずなので、気持ち良く踊らせてくれそうです。最近の音源を聞く限りさらにアグレッシヴな展開が見れそうで楽しみです。

【楽曲紹介】

TREKKIE TRAX CREW(トレッキートラックスクルー)

▶2012年に日本の若手DJ達が発足したインディーレーベル。

▶Twitterは6千、SoundCloudは1万6千のフォロワーを抱える。

▶これまで50を超える作品をリリースし、その楽曲のクォリティの高さは日本だけでなく世界中から賞賛を受けている。

▶ULTRA JAPAN 2015では多くの楽曲がプレイされ、レーベルから2名のアーティストが出演。

▶レーベルの総決算してリリースされたベスト盤(CD)が世界最大の音楽メディア「Pitchfork」に掲載され高評価を得る。

▶全国だけでなくアメリカ・中国・韓国などでもツアーを行い、多くの世界中のファンを熱狂させている。

▶日本最大のクラブミュージックインターネットラジオ「Block.fm」にて番組「Rewind!!!」を担当。

▶ロンドンのラジオ局Rinse FM、オーストラリアの国営放送局triple Jの番組に日本人初のゲストDJとして参加。
 

▶Masayoshi IimoriはSkrillex主催のOWSLAから日本人初のリリース、全米ツアーを成功させる。

▶Carpainterがプロデュースした三浦大地の楽曲「EXCITE」がオリコンチャート1位を獲得。

もはや説明する必要があるのかってぐらい、その精力的な活動スタンスと実績は凄まじいトレッキートラックス。

Skrillex, Diplo, Major Lazer, A-Trak, Baauer, RL Grime, Djemba Djemba, Mr. Carmack, Daedelus, Ryan Hemsworth, Porter Robinson, Anna Lunoe, Mija, Nina Las Vegas, Machinedrum, Mr. Oizo, Addison Groove, Roska, Ookay, MUST DIE!, Girraffage, XXYYYXX, Nightwave, UZ, DJ Shiftee, T. Williams, DJ Q, starRo等等

 

超一流のアーティストからサポートされまくっており、世界各国に熱狂的なファンを持つ名実共に国内を代表する音楽レーベルではないでしょうか。

こちらはUSツアーの時の映像。凄まじい盛り上がりを見せています。今やどの現場でもアンセム化しているFoxsky - Puppy PurpleをリリースしたのもTREKKIE TRAXです。この時のツアーのレポートが音楽レビューメディアMikikiに掲載されています。
 

TREKKIE TRAXが踏み出したジャパニーズ・ダンス・シーンにとっての大きな一歩。

熱狂と感動に溢れた初USツアーをレポ!▶INTERVIEW - Mikiki

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/12956

クルー名義の際は主にSeimei、Carpainter、Andrew、futatsukiの中から数人が中心となりプレイする事が多い様子。

ちなみに今回はこの中から3名が参戦します。3人での名古屋参戦は実に2年ぶりとのことで、ファンの方には待望の機会と言えるでしょう。

【楽曲紹介】

いかがでしたでしょうか?

今回のFUTURE KiLLAというパーティーの面白さを少しでも感じていただけると幸いです。

FUTURE KiLLAは、その名前通り「近い将来必ず来るだろうなと感じている次のトレンドを完璧にモノにして、それを伝えていくパーティー」です。

クラブってなんだろう?って問いに対して、僕は「新しいカルチャーが生まれて、変わらない温かさがある場所」だと思っています。

それは感覚的なものだったりコミュニケーションだったり価値観だったり出会いだったり、新しい物事や未体験の刺激への欲求だったりします。ストリートだったりセレブだったりサブカルだったりいろんな色があって。

お洒落やメイクを気合い入れたり、周りを気にせず死ぬ程踊ってバカみたいに飲んだり、人間振り切ったりカッコつけたい時だってあるし、ちょっとハードルの高い所に勇気出して気合い入れて遊びにいく面白さもあるじゃないですか。

また逆に、軽く飲みに行くぐらいのテンションで気楽に遊びに来れて、最近の近況報告したり仲間とわちゃわちゃしたり、音楽サイコー!!ってなったり。辛いことや嫌なことがあっても、それを洗い流してくれる、そんな楽しい場所があったら行きたくなるじゃないですか。

そういう場所に音楽がきっかけでいろんなとこから人が集まる場所って絶対面白いと思うんですよ。

同じ事ばっかやってても人間飽きてしまうし、何が待ってるか、どんな出会いがあるかわからないからワクワクするし、人間味があって温かいじゃないですかそういう場って。それを先陣切って堂々と作っていきたいんです。

僕は今30歳ですが、この年になって青春感じれるのって本当にありがたいことで、そういうのって一生の思い出になるから、そうやって新鮮な気持ちで楽しいって思ってもらえる場所を作りたいんです。その気持ちはずっと変わらずです。

個人でイベントやる人が年々減ってるからこそ、何年経ってクラブいかなくなった人が居て、結婚したり子供出来たりで数年ぐらい行かなくなって、落ち着いて久しぶりに来たら「あぁやっぱ楽しいな」って思えるようにしておきたいというか。

新しく来てくれる人達にとっても大事な場所の一つと思ってもらえるように、まだまだ頑張りたいし、次の時代を作る若くて勢いのある世代の子達のフックアップもしていきたい。

こういう事を明確に言えるパーティーが必要だと思ったので、このパーティーを立ち上げました。

心地良いチル感からモッシュ必死のブチ上がりまで、ジャンル横断しまくりの音楽的な幅広さ。MAGOという国内屈指の圧倒的な音響とお洒落な空間。床が木張りで疲れず、踊りやすさに特化したフロアあり、自分のペースで好きなように楽しめるフロアあり。疲れたら座って食事も出来る。

とにかく遊びにきていただいた皆さんが、自分の気分やペースで楽しめる場であること。一晩通して踊って楽しんでも嫌な疲れにならないのが大事だと思ってます。心地良い疲れっていいよねっていう。長丁場の中で、瞬間瞬間のドラマを感じてほしいと思います。

次のブログでは、そんな自分の気持ちを組んで参加し、サポートしてくれる最高のメンバーを全員紹介したいと思います。

そんなわけで、暑苦しい奴のパーティーですが是非遊びにきてください。絶対に楽しんでもらえる事を約束します!

また、今回前売チケットをかなりお値打ちにしましたので、ご予約をされる場合はこちらから是非お問い合わせ下さい!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly